ネタのジャングル

様々なジャンルのネタと、その裏側の理由に迫っていく

*

電気代を抑えるための節約術を公開!エアコン・こたつ・洗濯機・照明…

   

家計の中での節約と言えば、食費のほかに電気・ガス・水道などの光熱費が挙げられる。

光熱費

 

主婦であれば、光熱費の節約術なんて当たり前の話で、それぞれが独自の色々なテクニックを持っていると思う。でも、「へーそれは知らなかった・・」と思えるもので明日からすぐに活用できるテクニックも意外とあるはずだ。

 

ということで、今回は色々な電気代節約術についてまとめてみた。

 

スポンサードリンク

 

電気代節約術のいろいろ

 

エアコン

 

電気代がかかると言われている家電製品の中で上位に入るものとして”エアコン”がある。

 

エアコン

 

最近では特に夏の冷房だけでなく、冬の暖房器具としてもエアコンを使用する家庭が増えているのは事実だ。つまりエアコンの電気代を抑えればかなり光熱費削減にも寄与することになる。

 

では、実際にどんなことができるのだろうか。

 

まず、現在使用しているエアコンが古い(10年以上前の製品)なら、買い替えを検討してみるのが良いかもしれない。10年前のエアコンと最近のエアコンとでは、電気の使用効率がかなり違うのだ。買い替えとなると最初はお金がいるように思えるかもしれないが、後々のことを考えればすぐに元を取ることだってできるわけだ。

 

ボーナス時期など、少し潤ったときに買い替える計画を立ててみるのも手かもしれない。

 

次に、エアコンのフィルターをこまめに掃除することをお勧めする。1月に1度くらいの掃除であればそれほど負担もかからないし、フィルターを掃除することで無駄な負荷をエアコンに与えることを防ぎ、電気代をカットすることになるのだ。

 

もうひとつ忘れてはいけないのは、春や秋などエアコンを長期使用しないことが分かっている場合には、必ずコンセントプラグを抜いておくことにしよう。コンセントを指しているだけで、少しずつ電気は流れてしまっているからだ。これをやるだけでかなり違ってくるのでぜひ実践してもらいたい。

 

スポンサードリンク

 

こたつ

 

こたつというのは冬の醍醐味とも言える、人をダメにしてしまう?すばらしい暖房器具だ(笑)なので、筆者は自宅にこたつを導入していない。・・が、実家には設置されているため、毎年冬に帰省したときには、仕事が全くはかどらない。。。

 

こたつ

 

それはさておき、このこたつもかなり電気代を食う代物だ。ここも何とか抑えたい。

 

まず、こたつを購入する際には大きさをしっかり考えよう。何人家族で、一度に何人が利用することがあるのか。もし利用人数が少ないのに、大きいこたつを購入してしまうなら、広範囲を温めなければいけなくなるため当然電気代はかかってしまうのだ。

 

また、こたつ布団も1枚だけではなく2重3重にし、決して隙間があいてしまうような小さめの布団ではなく、少し余裕があるものを選ぶようにしたい。せっかく温まったこたつ内の熱を逃がさないことを念頭に置いておこう。

 

さらには、強度設定を基本は「中」以下で使うようにしたい。早く温めたいといには「強」にすることもあるが、温まったなら設定を下げることをお忘れなく。

 

⇒ インスタントコーヒーを3倍おいしく飲む方法があった

 

洗濯機

 

洗濯機も、意外と電力を使っている。基本的に熱を発するものや、モーター等の回転動作をする製品は電力を食うということを覚えておこう。

 

洗濯機

 

洗濯機に関しては、基本的にスピードコースを使用することをお勧めする。よほどの汚れでない限りスピードコースでも十分に落ちるし、心配であれば洗濯機を回す前に洗剤を入れておいて数十分つけ置きするだけで汚れの落ち具合は大分変わってくる。

 

さらには、電気代ではないがお風呂の残り湯を使用すれば水道代だって節約になるのだ。最近は水道使用量に比例して下水料金も取られるため意外とバカにならない。

 

照明

 

照明関係は、上にあげたものよりは消費電力は少ないが、それでも使用する時間は長いためここも電気代節約においてはなくてはならない分野だ。

 

照明

 

言うまでもないが、誰もいない部屋の電気はこまめに消すようにしよう。

 

それともう一つ。お風呂に入るとき、おそらく脱衣場と風呂場の照明がそれぞれあると思うが、可能であれば風呂場の照明だけをつけ、服を脱ぎ着する時は風呂場のドアを開けてその光で着替えるようにするのもアリかもしれない。(もちろん無理にはお勧めしないが…)

 

蛍光灯などはスイッチをON/OFするときに、電気を多く消費してしまうので、その点をしっかり覚えておくことにしよう。

 

以上、ざっと電気代の節約術についてまとめてきたが、世の中にはほかにもたくさん節約術が存在している。「こんなすごい節約術があるぞ」という方は、気軽に下のコメント欄から教えてもらいたい。随時アップしていきたいと思う。

 

⇒ コーヒーで作る芳香剤が安くついて素晴らしい件

 

 

 

 - 生活の知恵

スポンサードリンク

  関連記事

no image
Bluetooth スピーカー ランキング おすすめの4つ

Bluetooth(ブルートゥース)スピーカーでスマホやタブレット等の音楽を楽し …

フック
がまかつSP-XHとカルティバのSTシリーズとの重量比較

がまかつから少し前に発売開始されたトレブルフックのSP-XH。   が …

洗濯
洗濯洗剤のおすすめは結局この4つ

ほぼ毎日使うと言っても過言ではない洗濯洗剤。     安くて …

ハワイ
海外旅行人気ランキングベスト4はコレだ!!

冬の年末年始の長期休暇、春のゴールデンウィーク、夏の盆休みなどなど、サラリーマン …

部屋の芳香剤
部屋の芳香剤 ランキング おすすめの5つ

車の室内などに芳香剤を置いている人は結構多いが、意外と見落とされがちなのは部屋の …

コーヒー
美味しいインスタントコーヒーのランキング ズバリおすすめの4つ

インスタントコーヒーと聞くと、簡単に飲めるけど味はそこまで・・・。   …

ジクサー
スズキのジクサー150 日本での発売はどうなの?燃費と価格が鍵!?

スズキと言えば未だに「軽自動車」というイメージが強いのは否めないが、実はバイク商 …

ミノー
青物用のミノーはこの3つがおすすめだよ

ショア・オフショアを問わずヒラマサ・ブリ・カンパチなどの青物を狙う際に現在多くの …

sutaddoresu
スタッドレスタイヤの買い時はズバリいつ? 寿命と換え時も

最近の冬はかなり雪の降る量も増えてきたせいか、スタッドレスタイヤの購入を考えてい …

ヘッドホン
ヘッドホンの人気ランキング 特におすすめはズバリこの3つ

ポータブルミュージックプレイヤーやスマートフォンなどの普及により、いつでもどこで …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です