ネタのジャングル

様々なジャンルのネタと、その裏側の理由に迫っていく

*

【ショアジギング】ジグの動かし方のコツ

   

一時の勢いはなくなったものの、いまだに人気の高い釣りの一つに「ショアジギング」というものがある。

 

ジグ

 

船からのジギングは、かなり昔から確立されてはいたが、ショアからのジギングの歴史は少々浅く、やってみたいが釣り方がいまいちわからないという人も多いようだ。

 

というわけで、今回はショアジギングでの釣れるジグの動かし方について書いていこうと思う。

 

スポンサードリンク

 

どんな釣りにおいても言えることだが、自分が釣りをする場所に魚がいるかどうかというのは非常に大切なことだ。

 

ジグの動かし方の前に、別記事で少々触れている”ポイントの選び方”も参考にしてほしい。

 

では、本題に・・。

 

基本の二つの動作

 

船からでも、ショアからであったとしても基本となる動作は同じだ。

 

それは、「早巻き(ジャカジャカ巻き)」と「ワンピッチジャーク」だ。

 

ジャカジャカ巻きは、その名の通りハイスピードでリールをジャカジャカ巻き巻きしてくる方法。

 

ワンピッチジャークというのは、ロッドで一回ジャークするのと同時にリールを一回転させるテクニックだ。

 

ジャカジャカ巻きは誰でもできると思うが、ワンピッチジャークは多少練習が必要なので家で家族の邪魔にならない程度にトレーニングを積んでおこう。

 

スポンサードリンク

 

コツは、ロッドを上にしゃくりあげるの同時にリールのハンドルも上にあげ、ロッドを下ろす時に一緒にハンドルを下に下げる。最初はなんだか気持悪く感じるかもしれないが、すぐに慣れてくるので頑張って習得しよう。

 

これだけでも魚は釣れるのだが、さらに腕を上げるためにはもう一つ上の技術を身につけることも必要となる。

 

状況に合わせたジャーク

 

ショアジギングで、最近なかなか釣果が上がっていないという人の中にはジャークがその時の状況に合っていないという点も考えられる。

 

そうなると、魚がいても口を使ってくれず残念な結果となってしまう。

 

ここで大切なのは、「自分はどんなジグを使いたいか、自分はどんなジャークをしたいか」ではなく、「今の魚の活性にあったジグやアクションはどんなものか」を考えることだ。

 

釣りは自然と生き物が相手なので、状況が同じ日というのはあまりない。

 

iso

 

その日(その時点で)の潮の早さ、魚の活性の高さ、どんなベイトを追っているのか、水温はどのくらいか、どの層(水深)に居そうか、こうした点を考えながらその時に合うジグやアクションを導き出すわけだ。

 

たとえば、ジグを引いていてかなり引きおもりがする時がある。そういう時はたいてい潮の流れの早さによってジグのアクションが必要以上に大きくなってしまっているのかもしれない。

 

そう感じたなら、さらにスリム系でセンターバランス系のジグに変えてみるのも一つの手だ。

 

また、早めのテンポでひとしきり誘ったが、魚がいないのではないかと思えるほど全くあたりがない場合。
そんな時には、ジグのサイズを少し落とし、フォールの間を長めにとってジャークのテンポをスローにしてみる。
それだけでも、反応が出ることがあるので試してみてほしい。

 

ジグの動かし方のコツというのはつまり、ジャカジャカ巻きとワンピッチジャークを織り交ぜながら、その時の状況に合わせてスピードやテンポを変えたりジグを交換したりして、ナチュラルなジグの動きを演出させること。

 

言葉で言うのは簡単だが、これをしっかり行えるようになるには経験と時間が必要だ。

 

とにかく、一日でも多くフィールドに立っていろいろとジャークを試してみるのが一番の近道と言える。

 

 

⇒ ジギングのフォローに使えるおすすめ青物ミノー

 

 

 - スポーツ

スポンサードリンク

  関連記事

ika
エギング用ロッドとしゃくり方 【意外な秋の攻略法】

誰でも手軽に楽しめて、食べてもおいしいイカを釣ることのできる大人気のエギング。 …

ダイエット
動画付き体幹トレーニング お腹周りの贅肉落としと引き締め

体幹トレーニングは、体を鍛えると同時にダイエットにも有効なトレーニング方法だ。特 …

開発中ロッド
ジャンプライズが開発中のショアキャスティングロッドがすごい!弱点は?

ショアジギングロッドに並び、最近はショアキャスティングロッドのラインナップも充実 …

トレーニング
体幹トレーニング【ダイアゴナル】まずはこの基本をマスターすべし!

最近、体幹トレーニングという言葉を良く耳にすることが多くなってきたが、具体的には …

日本代表
サッカー日本代表強くなるために必要なこと 弱点はここにあった!?

アジアカップ2015では優勝を期待されつつも準々決勝敗退という結果に終わってしま …

ri-ru
おすすめのエギング用リールはコレ 初心者も必見!

これからエギングを始めておいしいイカを釣ってみたい、でもどんな道具をそろえればよ …

daiwa
15ソルティガ気になる評価って… 旧モデルと何が変わった?

釣り好きなら、数年に一度くらいのスパンで発売されるリールの新製品が気にならないと …

ジクサー
スズキのジクサー150 日本での発売はどうなの?燃費と価格が鍵!?

スズキと言えば未だに「軽自動車」というイメージが強いのは否めないが、実はバイク商 …

格安リュック
格安リュックサックの人気ランキング おすすめはこの4つ

通勤、通学、旅行…何かと便利なリュックサック。     ただ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です