ネタのジャングル

様々なジャンルのネタと、その裏側の理由に迫っていく

*

癌の治療に重層水(ベーキングソーダ)が効果ある理由と根拠

   

癌の治療に素晴らしい効果があるとして、重層水が注目されている。

 

重層水

 

これは、本当なのか、はたまた単なるうわさに過ぎないのだろうか。

 

スポンサードリンク

 

現在の医療におけるスタンダードな癌の治療というのは、手術を行い摘出可能なものは摘出し、それ以外のものは化学療法や抗がん剤治療で叩いていくというものだ。

 

しかしこの手法には、患者の体に対するかなりのダメージを与えたり、高額な治療費が必要になったり…とマイナス面もかなり多い。

 

もし、これらの治療法に変わるような癌に対する画期的な治療法、しかも簡単にできる方法があるのならそれは本当に素晴らしいことだ。

 

⇒ 注目のトモセラピー治療とは?

 

キーワードは「乳酸アシドーシス」

重層の効果

 

冒頭で重層水が注目されているということを述べたが、結論から言うと”効果はある”ようだ。

 

と言っても、重層水だけでガンが劇的に治るという単純なものではない。

 

重層水には、癌の成長を弱めたり転移を減少させる上での働きがあるということだ。

 

では、その理由と根拠は何だろうか。

 

体内環境の改善

 

体内環境の改善という言い方は少し漠然としている。いったいどんな改善が必要なのだろうか。

癌患者は基本的に乳酸アシドーシス(体内環境が酸性になっている状態)になっている。

 

※ 乳酸アシドーシスというのは、血液に乳酸が溜まってしまい血液が大きく酸性に傾く状態のことを言う。(ひどい場合には、血液透析を行ったり、炭酸ナトリウムを注射したりする場合もある)

 

 

体内環境がこの状態になっている時というのは、癌細胞は非常に成長しやすくなっているのである。

 

スポンサードリンク

 

よって、この酸性になっている体内環境を、アルカリ性に変えてしまえば癌細胞は成長しにくくなるということだ。

 

ここで、活躍するのが「重層水」なのだ。

 

1日1回、コップ一杯の水に小さなスプーン1杯分ほどの食用の重層を溶かして飲むだけでも体をアルカリ性の環境に変えていってくれる働きをしてくれるのだ。

 

 

 

 

ただし、この重層水だけで体内環境が完全に改善されると考えてはいけない。

 

ミトコンドリアの代謝不全を改善する必要

 

体内環境を癌細胞が成長できないアルカリ性に変えて行くには、「ミトコンドリア」の代謝不全を解消しなくてはいけない。

 

この”ミトコンドリア”とは一体何のことだろうか。

 

これは、簡単に言うと細胞に含まれている物質で、細胞が必要とするエネルギーを生産供給する働きを持っている。

 

⇒ 細胞とミトコンドリアの分かりやすい図

 

この「ミトコンドリア」が機能しなくなることによって体が「乳酸アシドーシス」つまり、酸性になっていって細胞が癌化しやすくなってしまうのだ。

 

ミトコンドリアの代謝不全を解消するために必要な物質の一つは、ビタミンB1だ。これを積極的に摂取していくことによって、代謝不全を改善することに役立つ。

 

ちなみにビタミンB1は、豚肉や玄米やウナギなどの食品にも多く含まれているようだ。

 

これらの食品を他の栄養素とバランスよく摂取していくよう心がけることも大切なことと言える。

 

そして、それと同時に重層水も用いて体内環境を、癌が成長できない環境に作り変えていくというわけである。

 

こうした治療方法は、費用もかからず体にも負担が少ない実にすばらしい方法と言える。

 

もちろん、人によってどれほどの効果が出るかは差があるだろうが、それでも続けていけば効果は期待できるだろう。

 

 

 - がん治療

スポンサードリンク

  関連記事

グアビオラ
グアナバナ(グラビオラ)が癌(がん)に効くって本当?通販で入手可!

森のカスタードと呼ばれ、特に南国の熱帯地方で食されているグアナバナ(グラビオラと …

病院
ガン最新治療法 トモセラピー 設置病院と費用 保険適用はある?

癌に対する画期的な最新治療として注目されているトモセラピー。   ただ …

がん治療
トモセラピーとは?どんな治療法?【メリットとデメリット】

「トモセラピー」という言葉を最近聞くことが増えてきたが、これはいったい何のことな …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です