ネタのジャングル

様々なジャンルのネタと、その裏側の理由に迫っていく

*

ジャンプライズが開発中のショアキャスティングロッドがすごい!弱点は?

   

ショアジギングロッドに並び、最近はショアキャスティングロッドのラインナップも充実してきた。

 

各メーカーから個性的なロッドが発売される中、現在ジャンプライズが開発中という恐るべきロッドがにわかに話題となっている。

 

スポンサードリンク

 

ショア青物タックルの要

 

ショアからの青物用キャスティングタックルにおいて最も選択が難しい部分と言えるロッド。

 

この選択を間違えてしまうと、不必要に自分の体力を消費してしまったり、ラインブレイクの嵐を経験してしまうことにもつながってしまうのだ。

 

ロッドの選択において考えるべきは、「自分の体格とパワー」「ターゲット」「メインフィールド」の3点だ。

 

体格とパワー

 

自分の体格に合っていないロッドを選択してしまうと、魚がかかった時はもちろんルアーのキャスト時や操作時にも無駄に体力を消耗してしまうことになる。

 

この点で、見るべきところはロッドの重量とレングス(長さ)そしてテーパー(曲がり調子)。

 

重量とレングスに関しては、もちろん軽く短いほうがロッドパワーは若干落ちるかもしれないが体力消耗は少なくなる。

 

テーパーに関しては、ファイト時に比較的手元に近い場所が曲がるほうが楽といえる。

 

ターゲット

 

これは見ての通りどのクラスの青物をターゲットにするかということだ。

 

それによってロッドの強度を考えよう。

 

ちなみにオーバーパワーなロッドで、小さな青物がかかった場合ロッドが曲がらないので非常につらい思いをすることになる。

 

この分野に関しては、大は小を兼ねるという発想を捨てて、ターゲットに合うものを探すべきだ。

 

スポンサードリンク

 

メインフィールド

 

この点も非常に重要で、たとえば障害物が少なく水深のある場所で主に釣りをするなら、比較的ライトタックルである程度の時間をかけて魚をとることができるが、その逆のポイントにおいては、魚の走りを瞬時に止めてすぐさま浮かせることのできるパワーを持つロッドが必要となるのだ。

 

若干話がそれてしまったが、今注目のロッドについて見ていこう。

 

開発中のジャンプライズのロッドがすごい!?

 

アングラーとしても有名なジャンプライズ代表の井上友樹が、現在開発中だというショアキャスティングロッド。

 

何がすごいかというと、その破断強度の高さだ。

 

開発中ロッド

 

上の写真を見てみるとわかるが、あり得ない角度で10キロのおもりを持ち上げている。

 

これはロッド的には完全に危険な角度であり、並大抵のロッドであれば簡単にボキッと行ってしまうだろう。

 

この強度に加えて、感度も普通の高弾性のロッドとおなじくらいまでのレベルに仕上げているというのだ。

 

恐るべしジャンプライズ・・。

 

弱点はないの?

 

こうしてみると、このロッドさえあれば何でもできるのでは?と思ってしまうかもしれないが、一つだけ気になる点もある。

 

それは、反発力だ。

 

私自身、この開発中のロッドを触ったことはないので確実なことは言えないのだが、中弾性ロッドということはその分反発力に若干欠けるのではないかと思われる。

 

反発力が強い竿は、ロッドを曲げてその角度を維持するだけで魚にかなりの負荷をかけることができ、簡単に浮かせる事が出来るのだ。

 

それが弱くなれば、強引にポンピングして巻き取っていくファイトになるだろう。

 

どちらのタイプを使用するかはもちろんアングラーの好みであり、いずれが劣っているということでもない。

 

しかし、険しい根やブレイクが点在していてその陰から飛び出してくる大型のヒラマサなどに関しては、ある程度の反発力がある竿のほうが、すぐに走りを止めやすいだろう。

 

早くジャンプライズのロッドを手に取ってみて、その反発力も見てみたいものである。

 

しかし、いずれにしても今までにない素晴らしいロッドであり、現時点で開発中という点も踏まえると末恐ろしいものを感じる。

 

反発力のあるロッド

 

ちなみに、反発力があって実績も高い二つのロッドをここで紹介しておこう。

 

一つ目は、これ。

 

ワイルドブレイカー

 

WB(ワイルドブレイカー) 100SV だ。

 

これは、びっくりするほど軽く感度も抜群。反発力も申し分ない。

 

それでいて、ショアからの10キロも想定して設計されている素晴らしいロッドだ。

 

体格が小さかったり、体力にあまり自信がないアングラーにはもってこいの1本。

 

 

 

そして、もうひとつが ↓

 

 

このレイジングブルは、強靭なバットと繊細なティップを併せ持っており、ルアーでの細かい誘いに躍り出てきたビッグサイズのファーストダッシュを強引にバットで止めることの可能なロッド。

 

ワイルドブレイカー程ではないが、反発力もそれなりに備わっており、大型を楽に?仕留めるために生みだされた1本なのだ。

 

 

新たなロッドが発売されるたびに、「そっちのほうが良いかな・・」なんて迷ってしまうアングラーも私を含めて多いようだが、一番大切なのは自分に合ったものを選ぶこと。

 

じっくり選んで後悔のない1本を手にしよう。

 

ダイビングペンシルはこれがあれば・・

 

 

 - スポーツ

スポンサードリンク

  関連記事

格安リュック
格安リュックサックの人気ランキング おすすめはこの4つ

通勤、通学、旅行…何かと便利なリュックサック。     ただ …

ika
エギング用ロッドとしゃくり方 【意外な秋の攻略法】

誰でも手軽に楽しめて、食べてもおいしいイカを釣ることのできる大人気のエギング。 …

日本代表
サッカー日本代表強くなるために必要なこと 弱点はここにあった!?

アジアカップ2015では優勝を期待されつつも準々決勝敗退という結果に終わってしま …

ダイエット
動画付き体幹トレーニング お腹周りの贅肉落としと引き締め

体幹トレーニングは、体を鍛えると同時にダイエットにも有効なトレーニング方法だ。特 …

トレーニング
体幹トレーニング【ダイアゴナル】まずはこの基本をマスターすべし!

最近、体幹トレーニングという言葉を良く耳にすることが多くなってきたが、具体的には …

ジクサー
スズキのジクサー150 日本での発売はどうなの?燃費と価格が鍵!?

スズキと言えば未だに「軽自動車」というイメージが強いのは否めないが、実はバイク商 …

ジグ
【ショアジギング】ジグの動かし方のコツ

一時の勢いはなくなったものの、いまだに人気の高い釣りの一つに「ショアジギング」と …

ri-ru
おすすめのエギング用リールはコレ 初心者も必見!

これからエギングを始めておいしいイカを釣ってみたい、でもどんな道具をそろえればよ …

daiwa
15ソルティガ気になる評価って… 旧モデルと何が変わった?

釣り好きなら、数年に一度くらいのスパンで発売されるリールの新製品が気にならないと …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です