ネタのジャングル

様々なジャンルのネタと、その裏側の理由に迫っていく

*

トモセラピーとは?どんな治療法?【メリットとデメリット】

      2015/03/28

「トモセラピー」という言葉を最近聞くことが増えてきたが、これはいったい何のことなのか、またこの治療に関するメリットとデメリットはどんなものがあるのかについて書いたので参考にしてほしい。

 

がん治療

 

 

スポンサードリンク

 

がん治療における救世主となるか「トモセラピー」

 

2003年に開発され、がん治療の最新治療機器として現在普及しつつあるトモセラピー。

 

日本では、導入している病院はまだ少ないが、今後のがん治療においてかなりの期待が置かれている機器なのだ。

 

トモセラピーとは

 

がん治療において大きな変革をもたらしつつあるこの機器はいったいどんなものでどういう治療が行われていくのだろうか。

 

簡単に言うと、このトモセラピーは放射線を使ってがん患者の患部を治療していくものだ。

 

トモセラピー

 

ただし従来の放射線治療器と違うところは、機器が回転しながら360度様々な角度から放射線ビームを幹部に照射していくことが可能になっている。

 

さらに、照射前に毎回CTによって患部の位置を特定し微調整を行うことによって、若干の狂いも許さない非常に精度の高いピンポイント治療が行えるのだ。

 

放射線治療と言うと、体内の患部に放射線ビームを当てるには、そこに行きつくまでに他の正常な部分にもダメージを与えてしまわないのかが心配されているが、このトモセラピーでは、回転しながら複数個所からあしょうしゃすることが可能なため、患部を点で捉えてその部分にのみ強いビームを照射することが可能なのだ。

 

スポンサードリンク

 

つまり、このトモセラピーによって、これまで治療が難しかったガンの治療が可能になったりと嬉しいことだらけなのだ。

 

しかし、メリットもあればデメリットもあるのではないか?と疑ってしまうのは人間の常。

 

トモセラピーには、いったいどんなデメリットが隠されているのか?

 

メリットとデメリット

 

トモセラピーに関するメリットというのは、上記でも述べているように非常にたくさんある。

 

簡単にまとめてみると、

・ 体にメスを入れることなく腫瘍部分を治療することができるため、患者に対するダメージが最小限で済む。
(手術等による麻酔の危険や輸血等によるリスク、合併症等の恐れもなくなる)
・ 毎回、CTによって患部の正確な位置を割り出すため、他の正常組織を傷つけてしまう恐れがない。
・ 一度に全身のどの部分にも照射が可能なため、転移がある場合や体の複数個所に腫瘍が散らばっている場合でも同時に治療することが可能。

などなど。

 

しかし、デメリットもあるにはあるのだ。

 

デメリットは…

 

このトモセラピーのデメリットとしてあげられるのは、機器が非常に高価という点だ。

 

一台につき5億円以上もすると言われているため、日本にあるすべての病院が簡単に導入することはできていない。

 

他にも、高価と言われている機器には、CTやMRIが良く知られているが、CTは4,5千万だとすれば、MRIはおよそ1億位だと言われている。

 

これらと比べてみても、トモセラピーの機器がかなり高価だということは一目瞭然だ。

 

なので、このガン治療を受けるためには、場合によっては遠くまで通わないといけなくなってしまい、患者側にとって金銭面と体力面でも負担がかかってしまうことになるのだ。

 

これが、現在の大きなデメリットと言えるだろう。

 

⇒ 日本のトモセラピー機器の設置病院 一覧

 

 

 - がん治療

スポンサードリンク

  関連記事

重層水
癌の治療に重層水(ベーキングソーダ)が効果ある理由と根拠

癌の治療に素晴らしい効果があるとして、重層水が注目されている。   & …

グアビオラ
グアナバナ(グラビオラ)が癌(がん)に効くって本当?通販で入手可!

森のカスタードと呼ばれ、特に南国の熱帯地方で食されているグアナバナ(グラビオラと …

病院
ガン最新治療法 トモセラピー 設置病院と費用 保険適用はある?

癌に対する画期的な最新治療として注目されているトモセラピー。   ただ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です